ノコギリヤシと中高年

50代前後の中高年世代になると、仕事の面では重要なポストに立つことが多くなり、ストレスが溜まりやすくなります。
これまでの無理がたたりますし、年齢による体の変化で「若い頃とは違うな…」をますます感じるようになる年代です。
女性の更年期障害は症状が良く知られているように思えますが、男性の更年期特有の体の変化などはあまり知られていません。
特にこの年代になると増えてくるのが「尿の悩み」です。

会社や飲み会などで、中高年世代の上司とトイレで顔を合わせると、「やたら長いな」と感じることがありますが、尿の切れが悪くなってきているからなんです。
お腹に力を入れて腹圧をかけて出し切っても残尿感が残ったり、出終わったと思っても、そのあと少ししたら尿漏れを起すことなどがあります。
「年だから」と片づけてしまいがちですが、夜も尿のために起きたり、頻尿になって外出先でトイレを探すのに苦労するようになります。
尿切れから始まる尿に関する悩み、気が付いたときが対策を始めるチャンスです!
そこで、ノコギリヤシが中高年におすすめなんです。

そもそも、尿に関するトラブルの原因ですが「膀胱や尿管が衰えてきたから」と思いがちですが、違います。
年齢を重ねるとともに前立腺が肥大してしまい、前立腺が取り囲んでいる膀胱を刺激するからです。
膀胱がいつも押されているようになり、あまり尿が溜まっていないのに尿意を感じます。
夜中も何度もトイレに行くのに、行ってみるとほとんど出ないということは前立腺肥大症が考えられます。
ノコギリヤシは海外では前立腺肥大症の治療薬として認可されているほど、尿の悩みには最適なのです。

また、最近の研究により、薄毛対策にもなることが分かってきました。
過剰に分泌する男性ホルモンの働きを抑制する効果が期待できるのです。
男性も年齢を重ねるにつれて、「まだまだ男らしくモテたい」という気持ちが増しますよね。
ずっとかっこよくいたいのに、おでこは広くなるし、ましては尿の悩みがあるとなると、なんだかナイーブになってしまいます。
男性としての自信を持ち続けて仕事も頑張れるように、中高年世代にノコギリヤシがおすすめです。